読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習熟のしかたとかね。

最近まで、
あれもこれも頑張って習熟していかないと。

って思い、様々なことを同時に実施してきましたが、

自分の目の前に訪れる事柄に集中し、自身の役割を磨いていくことが大切なんだと少しずつ実感中。

今、思い出すのは、大好きだった『ガンパレード・マーチ』というゲーム。
その中の登場人物の滝川陽平を思い出す。

彼は、ヒーローになりたくて努力し、苦労し、様々な格好いいことに手を出しながら活躍していくが、

最終的に彼がたどり着いたのは、世界を救うヒーローの為の最高の脇役になるということ。

自分の立ち位置がどんなものであっても、そこに誇りを持って磨きとおすことでしか、見えない。その人でしかたどり着けない場所があるんだろう。

新しいものに次々と挑戦していく姿も大切なんだとは思うけど、いくつか見てきたものを考えるといらないんじゃないか。もっと自らの立っている場所を見直して磨き、シンプルに、違和感なく、分かりやすくしていくほうがいいんじゃないかな~って思っちゃうところ。

生き方も、仕事も、店も、イベントも、まちづくりも、ほとんどそうなんだろうな~